温室効果ガス

CO2削減への取り組み

HOYAグループではCO2排出量の削減を行うために、「エネルギー使⽤量」に注目した環境保全活動をグローバルに展開しています。

CO2削減目標

HOYAグループでは「2014年度を基準年度とし、2016年度から2020年度までにCO2排出量を5%削減する」というCO2排出量の削減目標を設定し、環境保全活動に注力してまいりました。また、次の5か年目標として「2019年度を基準年度とし、2021年度から2025年度末までにCO2排出量を売上原単位で16%削減する」というHOYAグループ新・中期目標を制定し、グループ目標達成に向け各事業において目標値やアクションプランの設定を行い、CO2削減に取り組んでいます。

CO2排出量

中期目標最終年度である2020年度のHOYAグループにおけるCO2排出量は、406,176t-CO2でした。(スコープ1、2基準)基準年度比(2014年度)では1.3%の増加となり目標に届きませんでしたが、原単位(売上高)ベースでは9.4%削減することができました。引き続き、原単位のみならず総排出量での削減も達成できるよう取り組みを加速させていきます。

HOYAグループにおけるCO2排出量 (t-CO2-equivalent)

スコープ
1、2基準
単位 2014
(基準年度)
2015 2016 2017 2018 2019年 2020
年度
基準年度
からの増減
日本 t-CO2 82,835 85,261 69,992 71,375 66,824 59,304 43,452 -47.5%
海外 t-CO2 317,976 332,206 328,124 337,960 338,946 359,162 362,724 14.1%
合計 t-CO2 400,811 417,467 398,116 409,335 405,770 418,466 406,176 1.3%
原単位
(売上高)
t-CO2/
十億円
818 826 831 764 717 726 741 -9.4%

CO2排出量は、生産拠点※を対象とし、HOYAグループ共通の集計様式を⽤いて把握した電力、燃料の使⽤量に基づき、算出しています。

※一部の非生産拠点を含む

省エネルギー、節電の取り組み

生産拠点においては氷蓄熱システムや高効率変圧器の採用など省エネタイプの設備への更新や、ボイラーや空調機の運転時間の最適化などの省エネルギー活動、屋上緑化などを推進しています。また、オフィスでの軽装の導入、適切な室内温度調整、効率的な照明の実施など非生産拠点からのCO2排出抑制にも努めています。

具体的な取り組み

  • 二国間クレジット(Joint Crediting Mechanism(JCM))制度を利⽤した海外事業所での温室効果ガス削減(削減量は618t-CO2/年の見込み)
  • ベトナムのメガネレンズ⼯場において2016年に熱回収ヒートポンプを導入し、それまでは冷熱供給時に外気へ排熱していた温熱を生産プロセス⽤冷熱源および製造⼯程で使われる水の加熱⽤補助熱源として活⽤することにより省エネ、CO2削減をおこなっています。導入前は電気ヒーターのみで所定の温度に加熱していました。
  • ベトナムのメガネレンズ⼯場において稼働のターボ冷凍機のうち、2016年に1台を高効率インバータターボ冷凍機に更新して常時運転させ、既存器はバックアップとすることで導入コスト低減とエネルギー効率性向上、CO2削減を図っています。
  • 再生可能エネルギーの導入
    メガネレンズ事業の米国拠点の一つであるHOYA Vision Care ATC (Advanced Technology Center) Ramsey は、2014年より太陽光発電と風力発電による100%再生可能エネルギーで稼働しています。これにより年間約3,800tのCO2削減効果があります。

このブラウザは表示動作保証対象外となる予定です。
HOYAのサイトをご覧いただくには、サポートされているブラウザに切り替えてください。
2022年以降、Windows10で閲覧・動作推奨するブラウザは下記になります。

ダウンロードとインストール方法等につきましては、ブラウザ提供元へお問い合わせください。

×