HOYAでは、社員とその家族のWell-beingの向上を目指すため、積極的に安全衛生・健康活動に取り組んでいます。

HOYAグループでは、1995年に「健康と安全の理念」及び「基本方針」を制定し、国内外のすべての事業所を対象に安全衛生・健康活動を推進しています。
2012年には、環境と労働安全衛生マネジメントシステムのグローバルマルチサイト認証を取得するにあたり、それぞれの内容の見直しを行いグローバルで一体化した安全衛生の活動を展開しています。

2022年には、HOYAグループとして安全衛生・健康活動をより推進するため、「安全衛生・健康理念」及び「安全衛生・健康基本原則」を刷新しました。

HOYAグループ安全衛生・健康理念

HOYAグループは
最も大切な財産である社員とその家族のWell-beingの向上を目指します
会社と社員が相互に協力し、安全と健康に配慮した
誰もが快適に働ける職場環境を実現します

安全衛生・健康基本方針

  1. すべての事業活動において、社員の安全と健康を優先し、社員の多様性に配慮した、安全で健康に働ける職場環境を整備します。
  2. 労働安全衛生・健康に関する各国・各地域の法令を遵守します。
  3. 会社と社員の相互協力によって、安全と健康への取り組みを継続的に推進します。そのための体制を整備し、目標を定めて、計画的に施策を実行します。
  4. 健康に関する社員への教育や支援を継続的に行い、健康を重視する会社風土を醸成していきます。

HOYAグループ環境・安全衛生・健康組織管理体制

2008年10月より、環境保全組織と安全衛生・健康組織を統合し、HOYAグループ環境・安全衛生・健康担当が所管する新たな体制のもと、円滑かつ効率的な環境・安全衛生・健康活動の推進を図っています。HOYAグループ基準類を制定し、グループ内で周知徹底を図り、事業所や生産現場ごとに教育を行うことで、事故防止に努めています。また、遂行した環境・安全衛生・健康活動に対し、内部監査を実施の上、マネジメントレベルでのレビューを行うことで、その活動の実効性を評価し、継続的に改善しています。

HOYAグループ環境・安全衛生・健康組織管理体制

環境・労働安全衛生マネジメントシステムのグローバル管理体制構築

HOYAグループは、社員による環境保全活動の推進と社員の安全と健康を確保するため、ISO(International Organization for Standardization)14001と45001を統合したグローバルでのマネジメントシステム管理体制の構築をおこなっており、2013年2月にグローバルマルチサイト認証を取得し、2021年3月時点で18カ国50サイトが認証を受けています。主要な生産・研究開発拠点では100%認証を取得しており、新たに組織された拠点についても順次認証取得を進めています。

ISO認証取得状況はこちら

このブラウザは表示動作保証対象外となる予定です。
HOYAのサイトをご覧いただくには、サポートされているブラウザに切り替えてください。
2022年以降、Windows10で閲覧・動作推奨するブラウザは下記になります。

ダウンロードとインストール方法等につきましては、ブラウザ提供元へお問い合わせください。

×